繁殖

2019年8月25日 (日)

ヤマトヌマエビの繁殖 その後

本日も沢山のご来店、ご注文ありがとうございました。

ヤマトヌマエビの繁殖 その後

7月に投稿した画期的な方法でのヤマトヌマエビの繁殖ですが、それから1か月経過し、小さいヤマトヌマエビになりました。

本来、生まれたばかりのヤマトヌマエビの赤ちゃんはすぐに海に行き、そこである程度成長した後に川に戻ってくるという生態を持っています。

面白いのは、生まれたばかりの赤ちゃんはエビとは思えない様なプランクトンの姿をして常に水中に漂っています。

そして何度も脱皮を繰り返した後、プランクトンの姿からヤマトヌマエビらしい姿に変化します。この姿になると、今まで水中に漂っていたエビが、エビらしく底を歩くようになります。

今回、プランクトンの姿からヤマトヌマエビの姿に変身するところまで出来ました。

ヤマトヌマエビの繁殖方法

どのような方法かはご来店のお客さんなら知っているかと思いますが、簡単に言うと、汽水を入れ密封したペットボトルの中で育てる方法を試してみました。

この方法であれば海水による塩だれ等のトラブルもありませんし、簡単に繁殖環境を作れます。

いくつか改善点も見えてきましたが、一回目の挑戦から上手くいきましたので、今後も試してみる価値がありそうです。

ヤマトヌマエビの繁殖は難しくない

今まではちゃんとヤマトヌマエビ繁殖用の水槽を準備し、ヤマトヌマエビの繁殖を行っていました。

今回、水槽を使わない方法を試した結果として、ヤマトヌマエビの繁殖は難しくないと私としては言いたいと思います。

もっと難しい魚やエビも多いですし。

もし水槽内でヤマトヌマエビが抱卵して、折角なら繁殖させてみたいと思われたら是非ご相談ください。

 

それでは皆様のご来店、ご注文を心からお待ちしております。

 

↓ブログを見た記念にクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

→ウイステリアの通販部門の水槽屋.comページへ

2019年7月31日 (水)

コリドラス繁殖中です!

いつもありがとうございます。

コリドラス繁殖中です!

今当店で主に繁殖中のコリドラスは、アドルフォイとアエネウスです。アエネウスは赤コリの名でもお馴染みですね。

アドルフォイの方は最近また繁殖期に入り、今日も卵を回収しました。

ぜひ成長過程を見にご来店ください。

 

↓ブログを見た記念にクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

→ウイステリアの通販部門の水槽屋.comページへ

2019年7月28日 (日)

画期的な方法でヤマトヌマエビの繁殖に挑戦!

いつもありがとうございます。

画期的な方法でヤマトヌマエビの繁殖に挑戦!

Img00355

現在店内でヤマトヌマエビの繁殖をしています。

今回は簡単にヤマトヌマエビの繁殖にチャレンジできる、画期的な方法を開発中です。

是非店内でこのかわいい姿をご覧ください。

 

↓ブログを見た記念にクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

→ウイステリアの通販部門の水槽屋.comページへ

2019年7月22日 (月)

繁殖したワイルドブラックファントムのその後

本日も沢山のご来店、ご注文ありがとうございました。

繁殖したワイルドブラックファントムのその後

去年の秋にワイルドのブラックファントムの繁殖に挑戦しました。

今回は、その後の成長した姿の写真を撮ってみました。(撮影日2019/7/20)

Img00347

Img00346

ブラックファントムのメスは写真の様に赤が強く綺麗です。

もうすっかり大きくなって、さらに次の世代を残せそうです。

折角なのでこれまでの写真も出してみます。

下の写真は産卵直後の卵です。(撮影日2018/10/7)

Img00236

下の写真はふ化後しばらくしてからの写真です。(撮影日2018/10/24)

この頃はまだ繊細で気が抜けませんでした。

2018102401

下の写真は、一般的に流通するサイズになった頃の写真です。(撮影日2019/1/30)

この時に比べると、最新の写真ではよりふっくらとした感じになっていると感じます。

Img00350

こうやってまとめてみると成長過程を思い出しますね。

ブラックファントムテトラのワイルド個体は流通がとても少なく入手できるのは稀です。

こういった貴重な魚種を今後も残せるために、更なる繁殖技術の向上を常に考えています。

熱帯魚の繁殖に興味のある方、できる限りアドバイスをいたしますので、ぜひお気軽にお声がけください。

 

↓ブログを見た記念にクリックしてもらえると嬉しいです。(クリックの数が励みになっています)

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

→ウイステリアの通販部門の水槽屋.comページへ

2019年7月16日 (火)

かわいいゴールデンハニードワーフグラミーの赤ちゃん

いつもありがとうございます。

前回の投稿の魚の赤ちゃんは、人気の熱帯魚であるゴールデンハニードワーフグラミーの赤ちゃんでした。

今回は今育てているゴールデンハニードワーフグラミーの赤ちゃんを撮影してみました。

撮影中、まるでムーンウォークの様な動きを見せてくれました。ごはんタイムもありますよ。

かわいいゴールデンハニードワーフグラミーの赤ちゃん

ゴールデンハニードワーフグラミーを飼育していて、もしかしたらふ化直後まではいった方も多いかもしれません。

しかし、ふ化から約5mmを超えるぐらいの安心サイズまで育てるのは割と難しい魚ではあります。ポイントはベタの繁殖と同様です。

熱帯魚の繁殖にチャレンジしてみませんか?アドバイスいたします。

もしよかったらYouTubeチャンネル登録もよろしくお願いします。

ウイステリア・水槽屋公式チャンネル

 

↓ブログを見た記念にクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

→ウイステリアの通販部門の水槽屋.comページへ

2019年7月15日 (月)

クイズ この赤ちゃんの親は何でしょう?

この3連休中、沢山のご来店、ご注文をいただきありがとうございました。

色々とブログに書きたいことが溜まっていますが、とりあえず先日の記事でお知らせした、ある魚の赤ちゃんが入ってきた件の続きです。

クイズ この赤ちゃんの親は何でしょう?

Img00344

写真では大きく映っていますが、実際は全長7mmぐらいでとても小さいです。

ヒントは店内にいる熱帯魚です。

答えが分かっていると、不思議とそれにしか見えなくなりますね。

 

是非今のかわいい姿を見にご来店ください。

 

↓ブログを見た記念にクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

→ウイステリアの通販部門の水槽屋.comページへ

2018年10月26日 (金)

ブラックファントムテトラ ワイルドの繁殖

いつもありがとうございます。

今回はブラックファントムテトラの繁殖についてです。

ブラックファントムテトラといえば、丈夫で見た目の割には大人しい事と、何よりもしっかりと育って背びれが伸びたオスの素晴らしさから、ビギナーの方からマニアの方まで人気があります。

このブラックファントムテトラは一般的に東南アジアにて安定して繁殖され、年間を通して流通しています。

ところが繁殖の歴史が長い事による弊害もあり、特にメスの体型に違いが現れます。この事は、ブラックファントムに限らず、繁殖の歴史の長い魚種に見受けられることが多いです。

しかしながら、このブラックファントムテトラのワイルド(現地採集個体)は幻とも言わるほど珍しく、流通が少ないです。

ブラックファントムテトラ ワイルド オス

↑オスのブラックファントムテトラWILD

ブラックファントムテトラ ワイルド メス

↑メスのブラックファントムテトラWILD

今回この貴重なブラックファントムのワイルドを入手することが出来ましたので、繁殖にチャレンジしてみました。

ブラックファントムテトラの繁殖ですが、テトラ類の中での難易度は初級から中級の間ではないかと思います。水槽によっては自然と殖えていこともあります。

下の写真は今回産卵した卵になります。

ブラックファントムテトラ ワイルドの卵

次の写真は、産卵から17日目の仔魚の写真になります。

ブラックファントムテトラ ワイルドの稚魚

2018102401

成長速度はベタ等に比べると数倍早い印象です。

この先の成長の様子はまた別の機会に書きたいと思います。